朱肉にこだわる

インクスタンプイメージ

はんこを押す時に使う朱肉ですが、色で表すなら赤とか朱色ですよね。
シャチハタタイプでもセットするインクの色は朱色が多いかと思います。

実生活では、銀行のカウンターに置いてある朱肉、印鑑ケースに付いている小さな朱肉、家に昔からあるので使っている朱肉、と結構身近にあるものですね

なので、なかなか朱肉の色のタイプまで気にする人はいないと思います。

朱肉という名前ですから、当然色は朱色なんですが、この朱という色にも色々とあるのです。
そこまで細部にこだわる人がいるのか?と思ってしまいそうですが、例えば書道家の作品をイメージしてみましょう。

端っこに書いた人の印が押されているのを見たことがある方、いらっしゃると思います。
自分の作品に押す印なので、色にこだわるのは当然のことなのかもしれません。

さて、実際にどんな朱肉の色が存在するのかということですが、例えばすこし暗い感じの朱色やオレンジがかった明るい感じの赤などです。
まるでレッドの口紅のような鮮やかな色も存在します。

言葉で表現するのは難しいのですが、実際にそれぞれの朱肉を見てみても色それぞれの良さがあるため、気になる朱肉があれば紙に試し押しをしてみるのが一番です。

もちろんお店の方にお願いしてから試し押ししてくださいね。

実際にはんこを押してみたら、色が意外と明るく感じたり、その反対で暗く重厚に感じたりと色が与える印象は様々あります。 身の周りにある朱肉をじっくりと観察してみると、それぞれ微妙に色が異なっていることがあるので、機会があったらぜひよく見てみてください。

〔オススメ専門サイトのご紹介〕

ページの先頭へ